視力回復には目の周りの筋肉トレーニングが効果あり

視力検査

視力回復には目の周りの筋肉トレーニングをすることで効果が期待できます。

基本的に、視力が悪い、視力が悪くなったというのは、目玉に相当する眼球の様々な機能不全ということもありますが、実際には眼球そのものの機能不全ではなくて、眼球を取り巻く筋肉の力が衰えていることが多いのです。筋肉の力が衰えることで、眼球を思い通りの方向に動かすことが難しくなったりします。

また、視力回復という観点ではピント調整機能も重要でしょう。眼球を動かすことのみならず、カメラでいうところのレンズと同じ役割を果たしているのが水晶体と呼ばれる組織ですが、この水晶体を周囲から引っ張り、レンズの厚みを変化させることでピント調整の役割を果たしているのもまた筋肉なのです。

端的に言えば、近くを見るときには水晶体の周りの筋肉が収縮することで水晶体が厚くなり、近くにピントが合うようになります。一方で遠くを見るときにはこの筋肉が弛緩することで水晶体は薄くなり、遠くにピントが合うようになるのです。

ですが、眼球そのものを動かすことも含めて、長時間同じものをじっと見続けることが多いと、この筋肉の働きがなかなか思い通りにいかなくなってきます。

そのため視力回復が必要とされるようになるわけで、ちょうど、同じ姿勢で長時間居続けると肩や背中、あるいは足腰に凝りや痛みが生じたりして、自分の思い通りに体を動かすのがなかなか難しくなるのと似ています。これを防ぐのに筋トレーニングが有効であるのと同様、視力回復にもトレーニングが有効です。

ただし、視力回復のためにトレーニングが有効であるのは間違いありませんが、それ以前に、そのような凝りや痛みを生じるような状態を何とかできるのであれば、先にそれを考えたほうが目のためによいのもまた間違いないでしょう。

現代の生活において、このような目の症状、視力の衰えが生じる最も大きな原因は、パソコンやスマホの画面を長時間身続けることです。
もちろんテレビや映画などの画面も含みます。このようなパソコンやスマホでは、まず画面が明るいということが眼精疲労の大きな原因となりますが、それとともに、長時間同じような姿勢で、ずっと画面を注視し続けることが多くなるという特徴があります。これが、パソコンやスマホ以外の作業などであればそこまで長時間ずっと同じものを見続けるということはあまりありません。そのため、パソコンやスマホがここまで普及する以前にはあまり問題にはならなかったのです。

もし可能なのであれば、連続して数時間以上も画面を見続けるということはできるだけ避け、せめて1時間に1回程度は画面を見るのを止めて遠くを見るようにすることがよいでしょう。

 

遠くを見る男の子

しかし、このようなことをしていても現代の生活ではある程度の視力低下は避けられないでしょう。

では、視力回復のためにどのようなトレーニングをすることが効果的なのか説明していきます。別に、さほど難しいことが視力回復のために必要とされるわけではありません。まず、目の回りの筋肉トレーニングに関しては、単純に、眼球を上下左右に意図的に動かすことです。普段、私たちはあまり眼球を動かすことを意識しないことが多いでしょう。何か物を見ようと思えば、その方向に無意識のうちに顔を向けるのが普通です。

意識的に眼球だけを動かすようなことはあまりないでしょう。
ですが、視力回復の筋肉トレーニングのためには、意識して眼球を上下左右に動かすことが有効です。顔は動かさず、眼球だけを上、下、左、右と動かしてみましょう。もちろん順番は適宜入れ替えたほうがトレーニングになるでしょうし、場合によっては直線的な運動だけでなく円を描くように動かすのもよいかもしれません。

次に、ピント調整機能を取り戻して視力回復を図るためには、これも意図してピントを調整する、合わせるようにすることが有効です。具体的には、近くを見ることと、遠くを見ることとを交互に行うことがよいでしょう。

近くの本にピントを合わせた後、窓の向こうに見える家だとか山を見るなどといったことです。

視力回復にはこのような眼球の動かし方、使い方のトレーニングをすることが有効です。時間にすれば1日せいぜい5分か10分程度も行えば十分でしょう。

なお、普段あまりこのような目の使い方をしていない人、あまりにもパソコンやスマホの画面を見すぎて本当に目の周りの筋肉が凝り固まってしまっているような人の場合、いきなり本格的なトレーニングを開始するとかえって目が痛くなったりすることは十分に考えられます。体の体操でも、普段全く体を動かしていないような人がいきなりハードな筋トレなどをしては参ってしまうのと同じことです。

そういう人は徐々にトレーニングに慣らしていく必要があるでしょう。無理をせず、少しずつ始め、もし痛みや違和感を感じるようであればその日の視力回復トレーニングはそこで終えるというようにしたほうがよいかもしれませんね。

また、トレーニングの時間がどうしても取れない人はアイサプリというサプリメントが販売されています。視力の回復に効果をもたらすルテインを配合していますのでパソコン作業の多い方や、目の奥が疲れやすい人にも良い効果を表します。

ルテインは、飛蚊症・加齢黄斑変性症・白内障・緑内障の予防にも効果のある成分です。個人的におすすめできるのはルテインの多いリーズナブルなアイサプリ一望百景です。

一望百景の口コミにも書かれていましたが、ルテインの量が最も多いサプリです。

目のトレーニングをすることに越したことはないですが、生活の中に取り入れにくい環境の場合は、試されるのも一つの方法だと思います。